> TOP
> コンセプト
> 店舗づくりの事例
> 店舗づくりの流れ
> 店舗づくりの予算
> トピックス
> 組織概要
> お問い合わせ
> Q&A



外部サイト
> 住宅デザイン
> 店舗デザイン
> 家具デザイン
> ブログ
> 三浦喜世建築設計事務所



事務所概要
三浦喜世建築設計事務所
〒550-0013
大阪市西区新町3-8-18-502
tel:06-4394-8207
fax:06-4394-8208
mail:myura@asahinet.jp

設備-給排気・空調

電気設備  ■給排水設備  ■給排気・空調設備 ■ガス設備 ■防 災設備

給排気設備
給気口と換気扇によって給気と排気のバランスを取ります
このバランスが悪く、排気量が少ないと飲食店だと不快な匂いが店内にこもったりします
反対に排気量が多すぎるとエントランスの扉が開きにくくなったりすることがあります

給排気の容量は店舗の用途によって換気量の目安があり、それをもとに設定しますが、
飲食店の厨房等のガス器具を使用する室の場合は、使用するガス器具の容量によって計算し設定します
厨房のある店舗の場合は厨房の排気量が多いために厨房の匂いが客席に漏れてくること はあまりありませんが、給排気設備の配置は匂いの発生する場所に換気扇を設置して、それに合わせて給気口を 要所に配置して快適な空間を作るために空気の流れを調整します


空調設備
空調も店舗の用途によって容量が決まります
大体ですが、美容室>飲食店>物販店という感じになることが多いように思います
一つ上の能力のものにしても大きく金額が変わることはないので、ゆとりを持って大きめの容量のものを入れておいたらいいと思います
後は風が直接客席にかからないようにだとか、吹き出し口の位置によって空調効率が変わることもあるので空調機の形状と配置を検討します

給排気・空調 設備計画の例
給排気設備図